menu

チンチラの飼い方~初心者の飼育法~

グレーだけじゃない!?チンチラの毛色

チンチラといえばグレーのイメージが強いですが、他の毛色を持つタイプもいます。

一体どのような毛色のチンチラがいるのでしょうか。
下記で紹介していきましょう。

グレーがスタンダード

チンチラの毛色はもともとはグレーです。
ペットとして飼われているチンチラについても、グレーがもっとも一般的で、人気のあるタイプです。

また、体が丈夫で、長生きできるのもグレーと言えるでしょう。

ペットとして飼われているチンチラには、ほかにも白やベージュ、黒など、いくつかの毛色があります。
また、単色のタイプや模様のあるタイプと、色以外にもいくつかの種類があります。

ただし、グレー以外は出生率も少ないため、高額になります。
なお、毛色による呼び名は国やブリーダーによって異なるようです。

比較的長生きできる、ベージュ

「ベージュ」は、淡いグレーに、かすかにピンクを混ぜたような毛色で、目が黒の子、赤い子、ピンク子とさまざまです。
シャンペーン」と呼ばれることもあります。

なお、チンチラの場合、同じ色のチンチラをかけ合わせても、親と同じ色の子どもが生まれるとは限らないのですが、ベージュについては、両親ともベージュなら、ほぼ100%ベージュの子どもが生まれます。

ベージュは、グレーと同様、割合長生きできるタイプです。

毛ツヤが美しい、ブラックベルベット

「ブラックベルベット」は背中の毛が黒く、胸元やおなかが白っぽくなっているタイプです。
「ベルベット」という名前がついているように、とても毛ツヤが美しく、本物のベルベットのようにしなやかです。

なお、両親ともブラックベルベットだと、生まれる子どもは少ないようです。

全身真っ黒の、エボニー

「エボニー」は、ブラックベルベットよりもさらに黒く、全身の毛が真っ黒で、目も黒いのが特徴です。
チャコール」と呼ばれることもあります。

エボニー同士をかけ合わせると、ほぼ100%の確率でエボニーが生まれると言われています。

ほかにも、さまざまな毛色のチンチラが

「ホワイト」は数が少ない種類で、全身が真っ白で、目が黒いのが特徴です。

「アルビノ」は「ルビーホワイト」とも呼ばれますが、全身が真っ白で、赤みがかった目をしています。

「パール」も全身が白いのですが、グレーの模様が不規則に入っていて、「モザイクホワイト」と呼ばれることもあります。

ほかに、「バイオレット」は青紫色の毛のタイプで、ホワイトと同様、数が少ない種類です。

そして、「シルバーパイド」は全身が白く、頭や背中がシルバーのタイプ、「シナモン」は全身が薄茶色で、赤みがかった目をしています。

「ブラウン」は茶色で、背中に色が濃くなった部分があり、顔がブラックベルベットに似ているのが特徴です。

「シールポイント」はシャム猫の毛の色に似ていることからつけられた名前で、体は白く、耳としっぽが黒っぽいチンチラです。


チンチラのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
チンチラ用品通販サイト
チンチラの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top