menu

チンチラの飼い方~初心者の飼育法~

チンチラのお産の準備と出産について

チンチラは比較的に安産といわれてますが、飼い主としてできる事はなるべくしてあげたいですよね。

お産の日が近づいてきたら、生まれてくる赤ちゃんのための準備がいくつか必要です。
そして、お産のながれを把握しておく事も大切。

ここでは、チンチラのお産のながれや、飼い主がしてあげられることを紹介しています。

すきま風が入らないようにする

産まれたての赤ちゃんは毛に覆われていますが、体中がびしょびしょです。
濡れた体に風があたると、体温が下がってしまい、命の危険もあり得ます。

通常は、母親が産んだあと、赤ちゃんの体をすぐになめて乾かすのですが、続けてお産があり、次の兄弟が生まれるときなどは、そのような暇がないこともあります。

その間に赤ちゃんの体が冷えてしまうのです。
そのため、保温面の準備が必要です。

ケージにすきま風など、冷たい風があたるときは、ほかの場所に移動させましょう。
それでも風が入るときは、板などを立てて風よけを作ってあげるとよいでしょう。

また、気温が低いときは、ペット用のパネルヒーターなどを活用します。
高温にしすぎないように注意しながら、ケージの下などにセットしましょう。

ケージの隙間に注意

ケージの隙間から、生まれた赤ちゃんが抜けてはたいへんです。
チンチラはとても活発で、生まれてしばらくすると、自分の足で走り回ります。

兄弟を続けて出産している間は母親の目が行き届かないので、先に生まれた赤ちゃんが、好奇心からケージの隙間から脱走してしまうことも十分にあり得ます。

ケージは隙間の細かいものに替えるか、網などで、逃げ出さない対策をする必要があるでしょう。
できれば、出産のときだけは、ピッチの細かい小鳥用のケージを使うと安心です。

チンチラは安産の動物

チンチラのお産は比較的軽く、安産の場合が多いようです。

まず、陣痛が始まると破水します。
そのうち、赤ちゃんの頭が見えてくるでしょう。

人間の場合と同様、頭から先に生まれてきます。

母親は立ったまま出産したり、身をかがめて出産することが多く、赤ちゃんはスムーズに母親の体から出てきます。

赤ちゃんが生まれると体をなめる

赤ちゃんは羊膜に包まれて出てきますが、出てくるとすぐに、母親が羊膜を破って子どもの体をなめます。
赤ちゃんはそのうち立ち上がって母親のおなかのほうへ行き、母乳を吸い始めるでしょう。

体から出てくる胎盤を食べる

赤ちゃんを産んでからしばらくすると、胎盤が出てきます。

胎盤にはたっぷりの栄養が含まれているので、母親はこの胎盤を食べます。
胎盤を食べることで、母乳の出がよくなるとも言われています。

チンチラは、一度の出産で1~4匹の赤ちゃんを産みます
赤ちゃんを何匹か産むときは、20~60分の間をおいて陣痛が始まり、出産という流れになります。


チンチラのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
チンチラ用品通販サイト
チンチラの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top