menu

チンチラの飼い方~初心者の飼育法~

チンチラを遊ばせたい!ケージから出す際の注意点

せっかく可愛いチンチラを飼っているのですから、たくさんスキンシップをとりたいものですよね。
また、活発なチンチラには、十分な広さで遊ばせてあげることも大切な事。

そこでケージから出すわけですが、その際には十分な注意が必要です。
ここでは、ケージの外で遊ばせる際の、飼い主がすべき配慮を紹介しています。

ケージの外で遊ばせると喜ぶ

チンチラはとても活発に動き、ケージ内が十分な広さであれば、走ったりジャンプしたりして遊ぶでしょう。

しかし、ケージが狭く、チンチラが思う存分ジャンプしたりできないときは、ケージの外に出して散歩させるなどが必要です。

また、ケージが十分であっても、飼い主さんとのスキンシップやストレス解消などのためにも、ケージの外に出してあげると喜びます。

危険物を片付ける

ケージの外に出すと、チンチラにとってさまざまな危険が伴います

まず、チンチラはものをかじる習性があるので、家具や本、電気のコード、壁紙など、興味を持ったものをなんでもかじってしまいます。
とくに電気のコードをかじると危険で、通電しているコードなら、チンチラが命の危険にさらされます。

観葉植物も食べると毒になるものがいろいろあるので、チンチラをケージの外で遊ばせるときは、ほかの部屋に移動させましょう。

花びんや酒びんなど、倒れるとチンチラが下敷きになってしまいそうなものも、もちろん片付けます。

ほかにも、たばこや飼い主さんの薬、殺虫剤、化粧品、アイロンなど、チンチラにとって害のあるものはきちんとしまっておきましょう。

また、水の張ってある器などは誤ってチンチラが入ってしまうこともあるので、同様に水を抜くか、片付けます。

家具などの木製のものも注意

チンチラにとって危険というわけではありませんが、木製のものはチンチラがかじってしまいます。
家具や置き物など、チンチラにかじってほしくないものがあれば、片付けたほうが無難でしょう。

外に出している間は目を離さない

危険物を取り除くほか、とても重要なことは、ドアや窓をきちんと閉めておくことです。

家族にもチンチラをケージから出すことを、あらかじめ伝えておきましょう。
家族が知らずにドアを開けてしまい、そこからチンチラが逃げてしまうことも十分あり得ます。

また、誤って飼い主さんや家族の下敷きになってしまう事故も起こります。
ケージの外に出している間は、チンチラから目を離さないようにしましょう

当然のことながら、チンチラをケージの外に出したまま、その部屋を離れてはいけません。

サークルで仕切る方法も有効とは言えない

部屋をサークルのようなもので仕切って、その中でチンチラを遊ばせているという人もいますが、チンチラはジャンプ力があるので、サークルを超えて飛び出てしまう可能性が高いでしょう。

そのあたりを解決した上でサークルを使うのでも、柵からすり抜けてしまわないよう、間隔の狭いものを探す必要があります。


チンチラのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
チンチラ用品通販サイト
チンチラの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top