menu

チンチラの飼い方~初心者の飼育法~

鮮度が重要!チンチラの主食『干し草』

ここでは、チンチラの主食についてお話ししていこうと思います。

栄養価の高いペレットも数多くありますが、あくまでも副食として与えたいもの。
おもに、チンチラの主食として知られているのは『干し草』です。

下記では、干し草がチンチラに良い理由や、入手する際の注意点、おすすめしたい3種類の干し草について記述しています。

また、干し草の保管方法なども紹介していますので参考にしてください。

高繊維、低脂肪の食事を

チンチラのごはんは、野生では草原の草や木の実、低木の樹皮、くだものなどで、繊維質のエサだけで生活しています。

チンチラはかたいものを食べて歯をちょうどよい長さに削ります
また、繊維質がうまく消化されるように、体のわりに盲腸が大きく、とても発達しています。

野生で食べるものの中には、脂肪分が含まれるものはほとんどないので、チンチラには、脂肪の消化を助ける胆のうがありません。
チンチラをペットとして飼う場合も、繊維質が多く脂肪分の少ない食べ物を与えるようにしましょう

主食は干し草

ペットとして飼うときの主食は「チモシー」などのイネ科の牧草や「アルファルファ」などの豆科の植物を干した草がおすすめです。

とくにアルファルファは完全食で、茎が太くてかたいので、チンチラに一番よいとされています。
実際、チンチラもアルファルファを好み、おいしそうに食べるでしょう。

とくに葉よりも茎の部分が好きなようです。

チモシーもアルファルファ同様、とてもおすすめですが、収穫する時期によっては栄養価が低い場合もあります。

ほかに、「クローバー」もチンチラの主食として使われます。
ただし、春に収穫したクローバーについては、エストロゲンを多く含むので、チンチラが食べると、ホルモンバランスを崩してしまうこともあります。

クローバーを食べさせるなら、春以外に収穫されたものを選びましょう。

新鮮なものを入手する

アルファルファやチモシーなどの干し草は、ペットショップなどで手に入れることができます。
「干し草」とは言っても鮮度は重要で、光沢があって香りのよいものが新鮮です。

黄ばんでいたり、かびたにおいがするものは、古くなっていたり、よく乾燥されていない証拠なので、避けましょう。
栄養価も下がりますし、チンチラが食べると体調不良を起こすこともあります。

干し草の保管方法に注意する

購入時は新鮮でも、家での保管方法によっては、干し草をダメにしてしまう場合もあります。
とくに干し草は湿気を吸うので、できるだけ風通しがよく、気温が上がりすぎない場所で保管しましょう。

とくに夏場は湿度が高くなります。
チンチラのためにエアコンで温度調節をしていると思いますので、同じ部屋で保管するとよいでしょう。

また、天気のいい日を選んで、天日に干すのも有効です。
干したら密封できる容器に入れ、湿気が入らないようにしましょう。

よく乾燥した干し草からはとてもよい香りがするので、チンチラも喜んで食べるはずです。

便利なヘイキューブも

ヘイキューブ」と呼ばれる、アルファルファの干し草を3センチくらいのブロック状に固めたものがあります。

取り扱っているお店は少ないのが現状ですが、大きめのホームセンターやペットショップ、ネットショップなどで見つけることができます。

一般的な干し草と同様、チンチラにおすすめです。


チンチラのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
チンチラ用品通販サイト
チンチラの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top