menu

チンチラの飼い方~初心者の飼育法~

チンチラのストレス解消!回し車やトンネルを用意しよう

大切な家族の一員が、ストレスにさらされるのは避けたいものですよね。
そうさせないためにも、チンチラが楽しくケージ内でも遊べるようにしてあげたいもの。

でも、チンチラってどんな遊びが好き?どんなものが必要?
飼育初心者ならば悩んで当然です。

遊び道具は素材にも注意が必要となります。
その点も含め、下記で紹介していますので参考にどうぞ!

回し車を設置

チンチラのストレス解消のためにも、ケージ内に回し車(チンチラホイール)を用意してあげるとよいでしょう。
チンチラが回して遊びます。

回し車は直径35~40センチのものを選ぶと、チンチラの背骨に負担がかからず安心です。

回し車が小さすぎると、チンチラが遊ぶときに背骨をかなり曲げることになり、負担になります。
チンチラ専用として売られている回し車でも、直径が30センチ以下の小さいものもあるので、注意して選びましょう。

また、リス用として売られている網の回し車は、足を挟んだりする事故を起こすこともあるので避けましょう。

金属板を曲げて作られたものがチンチラに適しています。

回し車をケージ内に入れるときに注意したいのは、設置する高さです。

ある程度高い位置につけましょう。

低い位置につけると、チンチラが回し車と床の間に挟まってしまうこともあります。
とくに何匹かをひとつのケージで飼っているときに、そのような事故が起こりやすいので注意しましょう。

木材や陶器のトンネルを

回し車と同様、チンチラが大好きなおもちゃがトンネルです。
チンチラはトンネルをくぐり、楽しそうに遊ぶでしょう。

ちなみに、野生のチンチラも、サボテンなどの芯をくり抜いてトンネル状にし、くぐって遊んだり、日よけに使ったりしています。

トンネルは少し長めのものを選びます。
形がまっすぐのもの、直角に曲がったものなどがありますが、好みで選べばよいでしょう。

重要なのが、トンネルの素材です。

チンチラがかじっても大丈夫な木材で作られたものが安心です。

ほかに、陶器や素焼きも、かじることはできないので、おすすめです。
排水用の陶器のパイプやジョイント、金魚などに使う飾り用のパイプなどでも代用できます。

避けたいのがプラスチック製やビニール製のものです。
とくに塩化ビニールのパイプはチンチラがかじって体内に入ると害になるので、使わないようにしましょう。

トンネルは床に直接置きます。

止まり木もいくつかつける

ケージ内に余裕があれば、止まり木も設置するとよいでしょう。
いくつか用意し、高さを変えてケージに設置すると、ベストです。

チンチラは止まり木から止まり木へジャンプしたりして、遊ぶでしょう。

止まり木もトンネルと同様、チンチラがかじっても問題のない木製のものを選びます
ペットショップなどではいろいろ売られていますが、ねじがついていて、ケージの柵に簡単に取り付けられるようなタイプのものがポピュラーです。


チンチラのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
チンチラ用品通販サイト
チンチラの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top